法律に関する専門サービスを利用しよう

任意売却でローン返済

任意売却とは一体何か

任意売却という言葉があります。任意売却とは、強制売却とついになる言葉で、例えばマンションを新築で一棟所有したとします。その時にローンを組みました。しかし、マンションに空室が増えてきてマンション経営が赤字になった場合、マンションのオーナーはローンを返済することが出来なくなる可能性があります。 そこで、強制的にマンションを売却をする事にします。これは競売というカタチで行われます。しかし、競売には、売却をしたとしても安い価格でしか売ることができません。そのため、マンションのオーナーは、マンションを売却した上にさらに借金が残ってしまう可能性があります。債権者も満足行く金銭を取り戻す事はできません。そこで任意売却をします。

任意で売却をする場合の注意点

任意売却を行う場合は、債務者と、債権者との間に不動産会社が入ります。債権者と債務者、そして、不動産会社の三者で話し合いを行い、強制売却される時よりも高値で売却されるように話し合いをします。 任意売却はこのようにあらゆる点で有利に感じます。しかし、任意売却にはいくつかの問題点があります。それは、債権者がたくさんいる場合、すべての債権者に同意を得なければならない点です。 また、時間の制限もあります。任意売却をする場合には、強制売却をされる前に終了させる必要があります。 もし、強制売買までに間に合わなければ、任意売却をした意味がなくなるのです。 ただ、それでもなお、債務者にとっては自分の財産を自分で処理するという意味では優れた方法だと言えます。