法律に関する専門サービスを利用しよう

知っておくといい情報

不動産を売る時に知っておくべきこと

不動産を売る場合に知っておきたい事は、その不動産の価格設定についてです。不動産の価格設定については価格の相場がありますが、相場通りだからといって必ずしも売れるというわけではありません。多くの場合は、相場より低い価格に設定しないとなかなか売れないものです。よく、不動産会社に仲介をお願いして土地を売るときに、相場よりも高い売却価格を設定する場合があります。設定価格が高い場合、不動産会社と相談して設定するのだから間違いないだろうと思って得ることを決意しても、その価格通りではなかなか売れない場合が多いのです。実は、不動産会社もその価格で売れると思っているわけではなく、価格を高めに設定することで自分の所で売却をするしやすくなるためです。

広告の価格についての注意点

不動産を売る場合に参考にするのが出回っている広告の価格です。例えば、ポストを見てチラシがあった場合、自分の周りの不動産と同じような場所の土地が売却されている場合があります。例えばその不動産が3,000万円で売りに出されていた場合、自分の物件も3,000万円で売ることができると思うのは大きな間違いです。なぜなら、その報告の価格は、実際には仲介業者が入る時の価格であって、売主が売るときの価格では無いのです。もしその価格を設定して売りに出したとしてもいつまでたっても売れないと言う問題が出てきます。よく、毎月入ってくる広告の中に毎回売れないで残っている物件がありますが、その広告を参考に価格を設定してしまうといつまでたっても売れない物件と同じ運命をたどることになります。